よくある質問

本サービスやwebプッシュ通知そのものについて

webプッシュ通知
従来のアプリプッシュ通知と異なり、webサイトからユーザーのブラウザに直接メッセージを届けることのできるサービスです。企業/ブランドが持てるユーザー間での新しいタッチポイントになります。ポップアップ表示されるためユーザーに見落とされてしまうことはほとんどなく、CTRはメール配信と比較すると10倍近くを記録します。スケジューリングやセグメント配信も可能で、ダイレクトマーケティングにおける強力な新チャネルとしてお使い頂けます。
webサイト上でユーザーがオプトインするため、プッシュ通知を送るためにアプリを開発する必要はありません。
PC: Chrome 42以降、 Firefox 44以降、 Safari 7以降 Mobile/Tablet: Chrome 42以降
webサイト上で表示されるダイアログ上で「許可」を1クリックするのみでオプトイン出来ます。 またオプトアウトも可能です。 Chromeの場合、設定 -> 詳細な設定を表示 -> コンテンツの設定 -> 通知 -> 例外の管理 -> 対象サイトの通知を解除. Firefoxの場合、環境設定-> コンテンツ -> 通知 -> 対象サイトの通知を解除. Safariの場合、環境設定 -> 通知 -> 対象サイトの通知を解除。
Chromeの場合は画面の右下に、FirefoxとSafariの場合は画面右上にポップアップ表示されます。
編集可能です。 タイトル40文字 メッセージ130字 ロゴ(200*200 png) ランディング先URL
Any website on either http or https protocol can send web push notifications.
There are no prerequisites for receiving push notifications. A user should have a supported browser and should be subscribed on your site to receive your notifications.
本サービスはHTTP、HTTPSサイト両方に実装することが出来ます。
ユーザーは本サービス対象ブラウザを使用し、通知を受け取りたい対象のwebサイト上でオプトインしている必要があります。
クリックされるか通知が消されるまで画面上に残ります。本サービスの機能で20秒後に自動で消える設定を行えます。 Firefox, Safariの場合は画面上に表示されてから15~20秒自動で消えます。
iZooto supports 40 characters in Notification Title and 130 characters in Notification Message. There is no limit on the length of the Landing URL.
Web push notifications are supported by all major browsers – Chrome, Firefox and Safari.
Chrome: Supported by Browsers on Version 42 and above.
Firefox: Supported by Browsers on Version 44 and above.
Safari: Supported by Safari 7 and above on OS
Apple Push Notification ServiceはSafariブラウザにメッセージを配信する際に使用されるメッセージングプラットフォームです。iOSはwebプッシュ通知配信には対応していません。
Google Cloud MessagingはGoogleが提供する無料メッセージングプラットフォームです。サーバーとアプリサービス間のメッセージ配信などに使用されます。
iZootoとは
アカウント作成時に発行されるJSタグをサイトヘッダーに設置してください。 もしくはタグマネージャーで管理することも出来ます。
1. アカウント作成 2. サイトヘッダーに直貼り、もしくはタグマネージャーで管理 3. 下記JSファイルをルートドメインのファイル内に設置: Manifest.json Service-worker.js
1. Register on www.izooto.com and generate pixel for your website.

2. For https sites:

   a. Place the pixel in footer of your website in async mode. You can also place the pixel via Google Tag Manager.

   b. SDK Integration – Placement of the following JS files in the root folder:

      -Manifest.json

      -Service-worker.js

      Note:These files should be accessible at www.yourwebsite.com/manifest.json and www.yourwebsite.com/service-worker.js

3. For http site:

   Place the pixel in footer of your website in async mode. You can also place the pixel via Google Tag Manager.
1. もし2つのドメインが同じであれば同じJSタグを使用することが出来ます。レスポンシブでダイアログが変わります。 2. もしドメインが異なる場合、それぞれ別のJSタグを設置する必要があります。
あります。独自ドメインで通知を行うためにはSSL化されている必要があります。
There are two ways for you to take subscriptions on your domain:

   1. Brand as www.yourwebsite.com: Simple process for you to register as:      - We shall share the HTTPS SDK with you. We would need a GCM Sender ID and Server API Key. If you already have one, do share that or you could create one by following these basic steps to create one.      - You would need to place 2 files on the root directory of the website such that they are accessible directly such as www.yourwebsite.com/service-worker.js and www.yourwebsite.com/manifest.json      - We would want to you create a page such as https://www.yourwebsitecom/notifications and place our tag there.   2. Brand as notify.yourwebsite.com      – Please do a CNAME entry as : notify.yourwebsite.com and point it to notify.izooto.com      – You can continue with the same tag that you already have on the site. Do note that this is applicable only in our paid plans.      – This will ensure that the user consents are obtained on http://notify.yourwebsite.com. Users will receive notifications also from the same domain.
1. HTTPSサイトの場合、ブラウザに依存するため変更出来ません。 2. HTTPサイトの場合、文言や色など様々なカスタイマイズか可能です。
iZooto管理画面
この機能を使って通知配信設定を管理画面上で行えます。 通知内容の設定やスケジューリング、地域選択、セグメント配信設定等すべて行えます。
On the home page of the dashboard you can view the daily consents hourly data, total subscribers till date, when you scroll down you can see the reporting of recently pushed notifications.

Key features:

   – Campaign manager – Create, edit, delete and push notifications.

   – Campaign reports – Monitor and analyse the notifications pushed.

   – Settings – Control all technical aspects of the iZooto.

   – Help, Product & FAQ.
配信された通知結果(配信数、CTR含む)やサブスクライバー(通知許可ユーザー)のデバイスとブラウザ情報が分かります。
You can control the below in the settings tab:

   1. Site details – Update and manage site logo, name and url.

   2. SDK Integration – View the pixel and SDK files for future reference.

   3. Archive – Delete website.

   4. API & Plugins – For Word press and other tools integration plugins.

Example: Desktop – www.xyz.com & Mobile – www.abc.com
HTTPSサイト限定で使用できるオプトイン獲得率を向上させる機能です。